HOME > ひがしうわの紹介 > 基本方針

ひがしうわの紹介

経営理念

人と自然の夢づくり青い空、蒼い海豊かな大地を守り環境に優しい多彩な生産と地域社会の発展につとめます

経営方針

1.安全・安心な食料の 提供と担い手の育成・支援2.経済事業の改革3.地域社会への貢献4.経営の健全性確保と人づくり

TOPへ戻る

ディスクロージャー誌

ディスクロージャー誌をPDFファイルで公開しています。

ディスクロージャー誌(令和3年度上半期)

ディスクロージャー誌(2021年7月29日)

TOPへ戻る

令和3年度 基本方針

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化することにより、国内外の社会・経済活動に影響を与え、国民の暮らし方や働き方を大きく変容させました。
 JA経営の将来にわたる健全性を確保するため、一定の基準に該当したJAに監督当局がその原因や改善策について、分析・対話を行い必要な場合に報告徴求命令や業務改善命令を発出するJA版早期警戒制度が3年4月から導入されます。
 少子高齢化による人口・農業就業者の減少等の構造的な問題による事業基盤への影響が増している中、資金運用収益や共済付加収入の減少等によるJA収支悪化の継続、新型コロナウイルスの影響による変容・持続可能な収益性や健全性強化を促す早期警戒制度の見直しなど、JA経営をめぐる情勢は一層厳しさを増しています。
 こうした情勢の中で、JAは直近の環境変化等に応じた収支シミュレーションを随時見直し、総合事業体としての機能発揮のために必要な目標利益や経営計画および実践具体策の見直しに反映するなど、JAが持続可能な収益性・将来にわたる健全性の確保に向けて、JA自らが経営管理・経営改善で実効性のあるPDCA(計画・実行・評価・改善)を実践していく必要があります。
 経営管理計画の重点取組として(1)経営基盤づくり (2)経営健全性 (3)組織基盤強化 (4)職員の人材育成・確保に努めます。
 組合員のご理解とご協力を頂き、役職員一丸となって組合員の負託に応えながら組合員が安心して農業経営ができる体制作りを支援し、経営基盤の強化を図るとともに地域社会への貢献により信頼されるJAを目指してまいります。

I.基本方針

1.農業者の所得増大と農業生産の拡大を目指します
2.総合農協の機能発揮による地域の活性化に努めます
3.安定的な経営基盤の確立と強化に取り組みます

TOPへ戻る

お問い合わせ、ご相談はこちらまで
  • JAひがしうわ

    〒797-0015
    愛媛県西予市宇和町卯之町二丁目462番地
    <TEL>0894-62-1211(8:30〜17:00)
    <FAX>0894-62-1151

  • メールでのお問い合わせ

ページトップへ