HOME > 農業・農作物 > あぐりらいふ

農業・農作物

あぐりらいふ

西予市宇和町 片山 雄一さん
平成24年5月28日

郷内が・農業が・音楽が好きで…

片山 雄一さん(25歳)
稲作農家 宇和町郷内

 宇和盆地の黄金色の稲穂の絨毯を車窓から眺め、土器ドキ街道をひた走る。線路を渡り、今西池を左に望みながら進み、片山雄一さん(25)と祖母の和子さん(75)が住む家にたどり着く。

 就農して2度目の稲刈りを迎え、稲刈りの最中に鳥(サギ)が、蛙などを食べに舞い降りる。空気がきれいで自然豊かな環境が気に入っている。

 昨年、他界した祖父・忠さんがいち早く取り入れた『水稲布マルチ直播栽培』を2㌶、大豆・麦を1.5㌶、などを引き継いだ。自分の発想でできる農業だが、まだまだわからないことばかりで地域の方の指導を受けたり、観察したりと奮闘中。

 「器用な子で、農業すると言って戻ってきた。」と祖母の和子さんは、目を細め嬉しそうに見守る。小さい時から郷内が好きで、転勤族だった家族と休みになると帰省して田畑を走り回っていた。広島の音楽の大学を卒業し会社勤めしていたが、今思うと不思議な時間の流れの中で、郷内の地に戻ってきた。

広島でのトランペット演奏会や、トランペットを教えに松山に毎週でかけたり、西予市のコーラスにも参加したりと、音楽活動の仲間たちとの交流にも余念がない。
今後の農業は、やはり米作中心にすすめていきたいと思っているので休耕地など栽培面積を広げていくことが今の課題だと話す雄一さん。

« »

前のページへ戻る

お問い合わせ、ご相談はこちらまで
  • JAひがしうわ

    〒797-0015
    愛媛県西予市宇和町卯之町二丁目462番地
    <TEL>0894-62-1211(8:30〜17:00)
    <FAX>0894-62-1151

  • メールでのお問い合わせ

おすすめコンテンツ

  • 宇和 UWA

    自然と人の共生をさぐる、宇和町青年農業経営者連絡協議会
  • 野村 NOMURA

    野村のおいしいきゅうりを召し上がれ。
  • 城川 SHIROKAWA

    城川、農業と農地の守り農家の安心をサポート。
  • 明浜 AKEHAMA

    明浜、中山間地域のライフラインを維持。

支店だより

ページトップへ