HOME > 農業・農作物 > 輝く生産者

農業・農作物

輝く生産者

高い水田利用率や担い手育成で地域に貢献/農事組合法人加茂ファーム
平成26年1月8日

水田利用率151%を実現
 

 愛媛県西予市宇和町の農事組合法人、加茂ファームは、オペレーターを中心とする担手主体に運営し、機械導入やブロックローテーションの徹底で水田利用率151%を実現する。集落にある農地の8割以上の22.5㌶を集積し「一集落一農場型」で地域農業を守る。優秀な集落営農モデルとして全国的な評価も高い。今後も一層の経営向上や担い手育成で地域貢献を進める。
 
 「一集落一農場型」で10月には、金沢市で開催された全国優良経営体表彰式の集落営農部門で「全国担い手育成総合支援協議会長賞」に輝いた。自己資本率93.9%の健全経営が経営革新モデルとして評価された。
 
 1982年に集落内全戸加入の加茂生産組合として始まり、2005年に法人化。現在、集落の41戸分の農地の8割以上、基盤整備田では9割以上を集積する。水稲11.8㌶、麦7.9㌶、ソバ4.9㌶を柱に、タマネギ、カボチャ、ユズ、飼料米などを栽培。今年から白ネギとキャベツも始めた。
 運営の中心となるオペレーターは5人。防除作業などを効率化・省力化する
乗用管理機の導入や、水稲育苗全量施肥などの新技術を活用して省力低コスト化に努める。ブロックローテーションの徹底などで、151%の高い水田利用率を保持。副理事長の三好伸吉さん(60)は「目標は200%」と一層の向上に意欲的だ。
 
 
 麦わら・稲わらのサイレージ化で地域の畜産農家に飼料を提供する耕畜連携や、担い手育成のための後継者の正式雇用など、地域農業への貢献は広がりを見せる。理事長の出水愼さん(69)は「法人化したメリットは少人数で効率な営農にある。研修生を受け入れながらの後継者づくりに力を注ぎたい」と話す。

 

 

«

前のページへ戻る

お問い合わせ、ご相談はこちらまで
  • JAひがしうわ

    〒797-0015
    愛媛県西予市宇和町卯之町二丁目462番地
    <TEL>0894-62-1211(8:30〜17:00)
    <FAX>0894-62-1151

  • メールでのお問い合わせ

おすすめコンテンツ

  • 宇和 UWA

    自然と人の共生をさぐる、宇和町青年農業経営者連絡協議会
  • 野村 NOMURA

    野村のおいしいきゅうりを召し上がれ。
  • 城川 SHIROKAWA

    城川、農業と農地の守り農家の安心をサポート。
  • 明浜 AKEHAMA

    明浜、中山間地域のライフラインを維持。

支店だより

ページトップへ