春の食材 たけのこ


 特有の旨みの正体は、タンパク質の仲間「アスパラギン酸」や「グルタミン酸」です。最も栄養価に優れているのは、成長点のある先端部分とか。カリウムも多く含んでいるので、高血圧の予防にも効果があります。
 タケノコを茹でるときに「ぬか」を入れるのは、ぬかに含まれるタンパク質やデンプンが、「えぐみ」の素であるシュウ酸を吸着するからなんです。また、タケノコの表面をぬかが包んでくれるので、おいしさも長持ちします。