HOME > JAニュース > 酪農創始70周年を祝う
東宇和酪農経営者協議会

JA News

NEWS

酪農創始70周年を祝う
東宇和酪農経営者協議会
平成26年1月22日

「ミルクの郷」発展を
 

 四国有数であるJAひがしうわ管内の酪農が70周年を迎えた。環太平洋連携協定(TPP)交渉参加や飼料高騰などの問題に直面する中、粗飼料生産の新しい仕組み作りに取り組んだり、優秀な農家を手本にしたりし、新しい時代の経営確立に一層の力を注ぐ。
 
 JAの東宇和酪農経営者協議会は昨年12月、西予市野村町で酪農創始70周年記念大会を開いた。行政や関係機関、協賛メーカーなど約130人が出席。地域の活性化、団結、組織の強化を図り四国一のミルクの郷の発展を誓う大会宣言をし、産地の決意を新たにした。

 
 

 産地は1944年の野村酪農事実行組合の設立から始まった。51年に東宇和酪農協同組合を設立。63年には1058戸、約2300頭の生産地になった。
 
 協議会の田中宏佳会長は大会で「先駆者の努力で県内最大の酪農団地に発展した。乳価低迷や輸入自由化、口蹄疫などの危機を乗り切った」と振り返った。一方、TPP交渉参加や飼料価格の高騰などを受け、新たな粗飼料生産体系を確立するコントラ研究会などの取り組みも紹介した。

 
 
 

 

 大会では2012年度の第8回全日本B&Wショウでグランドチャンピオンに輝いた入船篤志さん(35)に優秀酪農経営者として会長賞を授与。
東宇和酪農女性部会長を歴任され、組織拡充と酪農振興に寄与された功績をたたえ酪農女性部5名を表彰。
 
 功労者も表彰した。功労賞の兵頭郷一さん(64)は「入船篤志さんという素晴らしいお手本がある。若い後継者に『なせば成る』の言葉を贈りたい」と話した。

 
 
 
 
 
東宇和酪農創始70周年

« »

前のページへ戻る

お問い合わせ、ご相談はこちらまで
  • JAひがしうわ

    〒797-0015
    愛媛県西予市宇和町卯之町二丁目462番地
    <TEL>0894-62-1211(8:30〜17:00)
    <FAX>0894-62-1151

  • メールでのお問い合わせ

おすすめコンテンツ

  • 宇和 UWA

    自然と人の共生をさぐる、宇和町青年農業経営者連絡協議会
  • 野村 NOMURA

    野村のおいしいきゅうりを召し上がれ。
  • 城川 SHIROKAWA

    城川、農業と農地の守り農家の安心をサポート。
  • 明浜 AKEHAMA

    明浜、中山間地域のライフラインを維持。

支店だより

ページトップへ